カテゴリー「日々のこと」の230件の記事

2018年7月15日 (日)

ZOZOSUIT 届きました

002

頼んだのはいつのことだったか。。。

細かな身体のサイズがわかれば、服選びも容易になるのでは?

と思い注文したのは昨年だったはず。

 

「遅れてごめんなさいメール」や「大幅改良に成功しましたメール」が

何度か届き、気長に待っていたのですがやっとこさこの日が。

 

それにしても、みずたま感満載なビジュアルにたじろぎました。

当初見たものにはみずたま模様なんてなかったのに……。

コレが技術革新と研究開発による大幅改良か!!

 

ともあれ「お詫びのしるしに無料にします」という太っ腹な対応

でしたので逆に申し訳ないくらいで、ありがたく頂戴いたします。

 

005


003

コレ着てるときに地震がきたら……って思うと恐怖。。。 

 

 

 

  

|

2018年7月 6日 (金)

7月の営業

こんにちは。

気づけば7月6日。明日は七夕。 

W杯に熱中していたら、失念しておりました。

7月の営業について!

ほぼ平常通りの営業ですが、15日の日曜日だけ、昼間に抜けさせて

いただきます。

 

誠に勝手ながら、12:00~15:00の間はご予約をお受けすることができ

 

かねますので、よろしくお願い申し上げます。

008

ようやく本格的な梅雨らしい雨が……、と思っていたら大きな被害を

受けている地域もあるほどの大雨に見舞われています。

どうかこれ以上の被害が出ませんように。。。

 

016


ある日のおやつはサッカーパン。

今夜23時~フランス×ウルグアイ戦。

そして午前3時~ベルギー×ブラジル戦。

どちらも観たいけど絞らなければ仕事に差支えが……。

 

 

|

2018年7月 1日 (日)

ういろうに魅せられて

007_2


水無月 という名の和菓子で、主に京都で6月30日に

食べる風習があり、最近はこの辺りにも広まっているみたい。

なんでも暑気払いの意味があるそうで、水無月を食べて、

無病息災を祈願するのだとか。

そういう風習を生活に採りいれていくのってなんだかいい。

お客様から素敵なことを学ばせていただいてます。

本当にありがたい。

ちなみにこちらは大口屋さんのものでした。

麩まんじゅうだけじゃないのね。

 

ういろう好きとしてはこの水無月も好みな味わい。

やさしい甘さともっちり感はたまらないものがあります。

 

ここ数年和菓子の魅力にはまり、とりわけ、ういろうはよく

いただいています。ケーキバイキングが懐かしい。。。

 

栄に行ったときには雀おどり總本店が欲望を満たしてくれます。

小腹がすいたときに、甘味やおにぎり、お雑煮をいただくのですが、

帰りに一口ういろを1つ選ばせてくれるのが嬉しくって。 

 

そしてここ最近知ったのが青柳ういろうの、冷やしういろう 

コレがまた私好みで上品な味わいな上に、涼やかなビジュアルも

素敵なので、手土産にうってつけ。

005


009


和三盆と黒糖、2つの味が楽しめます。

015

包み紙がなにげにみずたま模様。

004


手提げ袋もモダンで素敵。

かえるのロゴマークもイイ感じですよね。

 

|

2018年6月23日 (土)

ありがとう 丸栄

先日100円均一のseriaを求め、丸栄百貨店へ。

デパートに100均のお店が入っていることに切なさを感じつつも

ありがたいわぁ~なんてのんきに買い物を終えました。

 

ふと目をやると、そこに丸栄の歴史を紹介するコーナーがあり、

昔の制服や紙袋などが展示されていたり、名を丸栄と改めた

オープン時(75年前)のモノクロ映像が流れていました。

そこには三笠宮ご夫妻のお姿も。

それにしても、夢と希望に溢れた様子にさらに切なさが募ります。

 

丸栄の地下にある栄町市場はとても広々としており、

品数豊富&新鮮&お値打ち!!という三拍子そろった

アメージングな生鮮食品売り場でした。

 

そんな楽園が今月いっぱいで姿を消してしまうなんて……。

ご年配のお客さんも多いですし、さぞかし淋しい想いをされて

いることでしょう。

それこそ子供の頃から来てます!という長いお付き合いの

方もいらっしゃるでしょうし。。。

不惑の年を過ぎると、どうもノスタルジーに浸ってしまいいかん

ですね。

 

それにしても、400年の歴史ってめちゃくちゃ立派。

東海エリアで丸栄を知らない人はいないですよね?きっと。

それって凄い。

当店はまだまだ赤子のようなもんです。

目標は半世紀。コツコツ頑張ります。

180620_111602

あら、素敵なエレベーターね、と思ったら東郷青児画でした。

ガラケーのカメラで失礼いたします。

 

 

 

|

2018年6月11日 (月)

生理ちゃん

発売日の今日、

郵便受けに無事届いておりました。

 生理ちゃん

友人からの薦めで読んでみたweb漫画が書籍化され、はりきって

予約をしていたのです。

 

絵のタッチが好みなのと、内容も笑えるし、なかなかエエ話で

グッときちゃうんです、コレが。

 

web上で読めるのですがなんだか手元に欲しくって。

明日は休み。今宵の楽しみができました♪

006

貸本棚に近々並びます。

 

以前にもご案内しましたが、明々後日14日(木)は13時~の営業と

させていただきます。

ご迷惑お掛けしますが、よろしくお願い申し上げます。

|

2018年6月 2日 (土)

マステ作りました

6月の訪れとともに、11周年キャンペーンが終了いたしました。

沢山の方々にお越しいただき感謝感謝の日々でした。

 

どういうわけか、何年かぶりのお客様が何人もいらっしゃって、

再会に大興奮。

みずたま の存在を覚えていてくださったことがホント嬉しくって。。。

 

本山という場所柄、転勤で来られた方や離れていかれる方が多く

別れと出会いが頻繁なんですよね。

時折、一度離れたけれど、また名古屋へ帰ってきました!という

方もみえたりして。

そんなわけで充実のキャンペーン期間でした。

 

ところで、皆さまにお渡しした11周年手ぬぐいを入れた袋に、

オリジナルマスキングテープが貼られていたことにお気づきで

しょうか?

だからナニってこともないのですが、アピールしてみました。

227

作ったのはこの2個。必要な分だけ。

1個1,250円だけど1個単位で作れてありがたい。

 

 

|

2018年5月21日 (月)

ライフオーガナイザー??

世の中には色々なお仕事があるものですね。

とあるお客様のお仕事内容にかなりのトキメキを覚えました。

 

ライフオーガナイザー®は、家事代行型の整理収納サービスとは

一線を画す、本格的な思考の整理からはじめるコンサルティング型の

づけ支援サービスを提供するプロフェッショナルです。

とHPにありました。

 

私は散らかったお家を綺麗に、かつ便利に使いやすくする技を紹介

するテレビ番組や本を見るのが昔から好きでした。

かといって実行することはあまりなく、なんだか気分的にスッキリ

しちゃって満足して終わり。

きっとそういう人って少なくないのではないかと思います。

 

でも中にはそれを実行できて、快適な日々を過ごしている人が

生業にまでされているわけですよね。

 

そんな方がうちのお客様にいたなんて。。。

興味津々でねほりはほり聞き出し、blogも教えていただきました。

それがこちら↓

今の暮らし これからの生活

私のblogとはどえらい違いで、どんどんさかのぼって読みたい情報

が満載!

その方の話を聞き、blog を読んでいたら本格的にやる気がムクムク

と湧き、今回ばかりは実行に移せそうな気がしています。

 

小さな達成感が大事!と授けてくださったので、「できなかった~」

とマイナスに思わず、小さなできた!を繋げていきたいと思います。

 

やっぱ無理、ってなったらコンサルお願いしよ~。

 

005


ある日のおやつ。雷鳥サブレ。

 

|

2018年5月18日 (金)

11周年手ぬぐい

毎年恒例となっている手ぬぐい製作。

昨年の10周年では初めて2色刷りのデザインを作りまして、

じゃあ今年はどうしようかな?と考え、1色に戻すか今年も

2色にするのか。。。

戻るのもアレなんで、結局2色ということに。

 

ところで、手ぬぐいの端は切りっぱなしになってますよね。

これは早く乾き清潔を保つためなのだそうです。

確かにあっという間に乾き衛生的なので、なにかと使い勝手が

いいですよね。

おでかけ先で急遽温泉に入ることになった時なんかに助かり

ますし、普段から鞄に忍ばせておくにもかさばらずありがたい。

 

ちなみに、端っこは最初のうち糸がほつれてきますが、その都度

ちぎっていけば落ち着きます。

 

その昔は下駄の鼻緒が切れた時、裂いた手ぬぐいを簡易的に代用

していたのだとか。端を縫ってないから裂きやすいというワケ。

今だったら防災グッズの1つとしてリュックに詰めておきたいアイテムです。

 

手ぬぐいは使い込むほどに目が詰まり、柔らかくやさしい手触りになり

ますので、どうぞガシガシ使って、最後には雑巾として。。。

 

021

これまでにない雰囲気に仕上がり、なかなかご好評いただいて

おります。

 

 

|

2018年5月11日 (金)

高知旅

今更ですが先月、高知県へ行ってまいりました。

富山以来久々1人旅は、地元の方と積極的に交流をはかり

心温まる2日間でした。

旅先ではなんだかやけに積極的になれるから不思議。。。

 

1日目

小牧空港からAM7:10発のFDA(フジドリームエアライン)へ乗り込み

AM8:10には龍馬空港へ到着。

003

ゴールドの機体はお初。

 

リムジンバスで高知市内までおよそ30分なので9時過ぎには高知名物の

朝市で色々と買い込み、一旦ホテルで荷物を預け、龍馬の生まれたまち

記念館へ。

018


そこでさかなクンに遭遇し、驚きつつも龍馬について学びました。

そしてすぐ近くの龍馬郵便局で風景印を押してもらい、ガイド本に

載っていたお店でランチ。(土佐茶カフェ←オススメ★)

022

そしていよいよ高知城へ。思いのほか味わいのある素敵なお城で

すっかり長居をしてしまいました。

045


048

 

その後高知城歴史博物館へ。この建物がまたかっこよくて!

057


060
 

高知城が見えます。

 

そのまた近くのキネマMという安藤桃子さん(映画監督で安藤サクラさんの

お姉さん)が甦らせたレトロな映画館で映画鑑賞。

 旅先で映画を観るというのもなかなか乙なものですね。

064


066


065


の後は高知名物、帽子パンの元祖のお店へ。

074


甘く懐かしい味わい。

 

夕食は安藤サクラさん主演の映画0.5ミリでロケに使われていたひろめ食堂

鰹のたたき定食をいただきました。(1人だとちょっぴり淋しい場所でした)

まだ時間が早かったので、渋い雰囲気の喫茶店でコーヒーをすすり、ホテルへ

帰宅。

あっちゃこっちゃ行ってる感じですが、近場で凝縮されているため、ホテルの

レンタサイクルで無駄なく一日動き回ることができました。

2日目。

大好きなホテルの朝食バイキングでがっつりお腹に詰め込み、路面電車と

バスを乗り継ぎ、桂浜へ。

208


213


色々な車両が。

 

 

バスを降りまずは3日後にリニューアルオープンをひかえた龍馬記念館へ行き、

外観を見て回りました。

083


こんなのがお出迎え。

090 

092


097

これもクジラ。

 

この日は天候に恵まれたおかげか写真や映像で見るより、海も浜も

造形もすべてが美しく感動しきりでした。

そして名物のアイスクリンがさっぱりと美味しい!

109


140


111


118

144


153

同じ敷地内?に浦戸城跡というのぼりの立つ小山があり、そこへ上がると

熱心に掃除をする人々が。浦戸城の再建を望む方々でした。

 

ここは長宗我部元親の最後の居城であった城とのことで、ただならぬ

元親へ熱い想いを感じました。

おそらく龍馬記念館には思うところがありそうな・・・。

 

龍馬記念館には入れなかったけれど、なんなら元親の方が好きなので

浦戸城跡でお話を聞けてラッキー♪

103

 

桂浜を後にし、また少しバスに揺られ五台山へ。

ここには四国霊場の一つである竹林寺という名刹があり、三つ葉つつじの

きれいな時季でした。

169


174

 

そして忘れちゃいけない、植物学者の牧野富太郎の業績を顕彰する

牧野植物園。他ではあまり見たことのないような素敵な植物園で

建物も素敵だし、ちょっと山へ迷い込んだような自然の姿がそこに。

197


178


181


187


196


192


 

この五台山の展望台にあるカフェで気になる展示があることを知り急遽

バスで向かうことに。

161


167


166


163


小夏のドリンクとシュークリーム。美味でした!

(眺めのいいカフェ  パ・ノ・ラ・マ←オススメ★)

 

 

またまたバスに揺られ、高知県立美術館で石川直樹さんの写真展へ。

以前金沢へ行った時もたまたま彼の写真展があり、縁を感じます。

205


202

一人だけの贅沢な空間で写真や映像を堪能した後は、改めてこの

美術館の造りの素敵さに感じ入りました。

なんの情報もなくこの素敵な箱に出逢えて得した気分。

198


204

そうこうしていたら残りの時間もせまってきたので、ホテルで荷物を

受け取り、夕食をすませ、再び龍馬空港へ。

PM8:00のFDAでPM9:00に小牧へ到着。

 

すみません。ほとんど備忘録ですね。

 

またすぐにでも行きたいほど好きになってしまった高知。

皆さまもいかがでしょうか。。。

 

|

2018年4月22日 (日)

11周年

時折、「色々なお客さんが来るんじゃない?大変でしょ?」と聞かれます。

この小さなお店を一人で営む私に、労わりの声を掛けてくださるやさしい

お客様に私は戸惑う。

 

もちろん、11年間の中で個性的なお客様がいらっしゃったこともなくはない。

しかし私としては、それは愉しいこと。

イヤな思いをしたことなどけしてない。忘れているだけだろうか?

でも忘れていたとしたら、それを打ち消すほどの愉しく嬉しいことの方が

はるかに勝っているのだと思う。

 

日々素敵なお客様に会える幸せに、感謝しかありません。

 

これからも皆様のそばに長く在り続けられるよう努めてまいります。

頑張りすぎた皆様の身体と心を少しでもほどけるようお手伝い

させてくだい。

12年目の みずたま をどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

平成30年4月22日   店主

 

11

届いてますか?

 

 

|

より以前の記事一覧