日々のこと

GPシリーズ NHK杯

いや~昨日のエキシビションはたまげました。

男子シングルで2位だったアメリカの アダム・リッポン が

マイクを片手に登場。なにかしゃべるの?

と思いきや、歌い始めたもんだからまぁビックリ!

そしてコレが上手い!!

最初は口パクかと思ってしまうほどの歌唱力で、見た目もかっこいいし、

まるでプロの歌手のようでした★

 

途中でマイクを置いて華麗なスケーティングを?と観ていましたが、

軽~く滑る程度で、最後までしっかり歌いきりました。

こんなエキシビション観たことない!

前日は誕生日だったというし、特別なステージにしたかったのかな。

時折見せる乙女っぽいしぐさとか、諸々含めて面白い♪

 

同じくアメリカのジェイソン・ブラウンも乙女度高めで、あのピュアな

笑顔が炸裂していましたね。

そうそう、怪我で出場できなかった羽生くんへのメッセージにも

あたたかい人柄が表れていて、ますます好きになってしまいました。

「ゆずるさんへ、はやくよくなってください!!ヅェーソン」

カ、カワイイ!!

ちょっと間違っちゃってるところがなんとも。。。

外国人の乙女系男子は可愛くて面白いなぁ♪

 

 

そんなこんなで、NHK杯は競技以外のところでも色々と楽しませて

もらいました。

 

ここ最近は毎週フィギュアの大会が観れてうれしい限り。

18日に始まるフランス大会では宇野くんと三原さんに期待です!

あと注目しているのが、

ミーシャ・ジー、デニス・テン、アリーナ・ザキトワ、マリア・ソツコワ。

 

満足のいく演技を終え、素敵な笑顔をたくさんみられますように。。。

 

002_3





|
|

女将劇場

テレビで観たあの衝撃をもう一度。。。

 

2年前くらいでしょうか。

そこそこお年を召した女性がビッチャビチャになりながら水芸を

している様子が紹介されていました。

その姿にこれは生でいつか観なくては!と思ったのです。

行かれたというお客様の話を聞き、さらに気持ちは高まりました。

 

で、とうとう今秋、女将に逢いに山口の湯田温泉へ。

そこは夭逝の詩人、中原中也の生まれた土地。

「汚れっつちまった悲しみに……」や「ゆあーん ゆよーん ゆやゆよん」

の印象深いフレーズで有名ですね。

ちなみに、フジファブリックの志村くんに似てるような。諸々。。。

 

それはさておき、食事や温泉を堪能し、20時45分からのショーに備えます。

平日だというのになかなかの賑わいで、人気のほどがうかがえます。

 

基本的に女将がメインで、その他20代くらいの若者達がバックダンサー&

補佐。そして女将と同世代の女性が一人。さらにお年を召した女性が

一人。

 

今の何だった?というくらい、ちゃちゃっと終わってしまう芸もあり、終始

忙しなく、女将がありとあらゆる芸を披露してくれます。

ちょいちょいお客さんも巻き込んで盛り上げたり、エンターテイナーぶり

が見事で、色々な意味で楽しませていただきました♪

 

女将はほぼ年中無休でショーに出演されているそうで、

「女将劇場に命かけてます!」と言い切る姿に感動 (ToT)

誰かに喜んでもらうことを生きがいにしているようでした。

ん~~凄すぎる。

年を重ねてもハツラツと何かに本気の人ってカッコイイ!!

 

女将劇場は53周年だそうです。

私なんてなんてまだまだひよっこだな。。。

 

035

山口の銘酒 獺祭(だっさい)の飲み比べ。

お酒に弱い私ですが、さらりと美味しくいただけました。

050_2

お琴をバチで乱れ打ち!

052

イイ表情!そして美脚。

053

ゴルフよりもここへお連れしたらどうでしょ?

055


ただならぬ様子。この後女将の顔がえらいことに……。

 

 

山口旅のメインは女将劇場でしたが、他にも見所満載な

山口県でした。

006

秋吉台をトレッキング♪

025


秋吉台の下には広大な鍾乳洞 秋吉洞が。

070

最近人気の元乃隅稲成神社。
076

日本三名塔 瑠璃光寺。

066


067


いつか錦帯橋にも行きたいな。。。

|
|

GPシリーズ ロシア大会

フィギュアスケートのグランプリシリーズが開幕しました。

先日のロシア杯は羽生くんと樋口さんが見事表彰台に!

 

引退したものと思い込んでいたウズベキスタンのミーシャ・ジーが

素晴らしい世界観を表現してくれたり、怪我で姿を見られなかった

カザフスタンのデニス・テンのスケーティングも拝め、嬉しいかぎり。

ジャンプでの転倒が目立ち、まだ万全の状態ではなさそうですが、

キス&クライでは笑顔を見せていて、本人的にはまずまずな様子?

エミネムの曲を使ったエキシビション、カッコよかった~。

 

そして真央ちゃんが引退してしまい淋しい女子フィギュア界ですが、

30歳にして頑張るカロリーナ・コストナーは応援せずにはいられません。

身軽な若手がひょいひょい高難度のジャンプをきめる中、円熟味を

増した彼女のスケーティングにはやはり惹きこまれます。

 

今年はグランプリファイナルが名古屋で開催されるということで、

チケットゲットを目論んでおりましたが、まんまとハズレ (T-T)

 

金曜日に休んだことなんてないし、今回ばかりはいいんじゃない?

と思いましたが、またの機会にお預けです。

と言いつつ、もしチケット余ってますよ!なんてまさかの状況が

ありましたらぜひご一報を~~

 

第二戦のカナダ大会も楽しみです♪

 

004

|
|

白馬岩岳

先日、友人が白馬へ一人で行くというので同行を申し入れ

久々の山へ。こんなチャンスはなかなかないですからね。

 

今回は白馬三山を望む白馬岩岳へ。

山の中腹にあるどんぐり村からの登山道は落ち葉でふかふか。

とっても歩きやすく快適な道のりでした。

 

誰一人遭遇することのない贅沢さとともに、熊に遭遇するのでは?

というドキドキを感じていると、それを瞬時に忘れ去る絶景がそこには

ありました。

035

044


あぁ、これだから私は山に来たいんだ!

連れて来てくれた友人に大感謝。

白馬三山の山頂は雲に覆われ見られなかったけれど、八方尾根や

栂池なども望め、岩岳からの大パノラマに感動しっぱなしでした。

058


059


063


066

068





071


お宿で握ってもらったおにぎりの美味しいことったら。。。

 

そのお宿というのが、友人がその昔居候をしていたという、

ペンション まいふぇろう さん。

ステキなファミリーで営まれていて、あたたかさ溢れる居心地のよい

お宿でした。

名古屋ではまず食べられない、きのこ料理や手作りの果実酒に酔いしれ、

再訪を誓ったのでありました。

028


廊下からの一枚。

教会を想わせるステキな建物。

 

 

下山後にはすぐ近くの「倉下の湯」へ。

赤茶けた塩化物泉はぬるりとした肌触りがいかにも効きそう。

浴槽の雰囲気も良かった~。

前日に行った「おびなたの湯」は川沿いの開放的な水素を含む

温泉で、これまたいいところでした。

 

身体を使い、その疲労を温泉で癒す。日本に生まれてよかった~。

076


023

岩岳へはゴンドラでも行けますし、山頂のハイキングコースだけでも

オススメです。トレッキングポールを300円で借りられますし。

天候次第で本当に素晴らしい景色が待ってます。

 

今度はいつ行けるかな。。。

|
|

手しごと

004

KITTE名古屋の3Fにて10月4日~9日まで開催中の

 「エルメスの手しごと展」へ行ってまいりました。

エルメスだなんてさっぱりご縁はありませんが”手しごと”には

興味あり!入場無料で分厚い冊子やステッカーも配布していて

企業力を感じました。

 

来場者の皆さんはおそらく、ケリーバックユーザーのザ・セレブ

ではなく、30代40代くらいのアパレル系?広告業界?といった

顔ぶれのオサレさん大集合でした。

個性的なファッションの年配のご婦人なんかもいらっしゃい

いましたよ。

 

そんな会場にうっかり紛れ込み、自身の袖のほつれを

気にしつつ職人さんの手元を凝視してまいりました。

 

エルメスといえば、おフランスなワケで、職人さんがやけに

素敵な雰囲気。

お手洗いから出てきた職人さんとすれ違ったのですが、優雅に

「メルシーボーク-」と言われ一瞬たじろぎました。

 

肝心の手しごとですが、シルクのスカーフの端を一針一針縫う様子や

小さなダイヤを埋め込む様子が印象的でした。

もしも今の仕事をしていなければ伝統工芸の職人さんになりたい

かな、と思ったりします。

なので手しごとは見るだけでも楽しい。

 

  

当店のお客様で革で鞄などを作る作家さんがいらっしゃいます。

その方の作品の鞄を2つほど愛用しているのですが、とても

丁寧な手しごとで、かなり使い込んでも傷みが少ないです。

革の質ももちろんこだわりでしょうし、よく考えられているの

だろうなと感じます。

その方の人柄がザ・誠実!なのでそういったものができる

のでしょうね。

 

今月の23日まで滋賀県のカフェ&ギャラリーHakmokrenさんで

作品展を開催中とのこと。

陶芸作家のお父様の陶展も同時開催なんだそうですよ。

父娘でなんとステキな。。。

003

写真ではわかりづらいですが、幾何学なステッチが

ほどこされています。

谷野さんとのご縁をしみじみとありがたく。。。

 

|
|

キャンペーンを終えて

朝晩過ごしやすく、秋を感じる今日この頃。

9月3日をもってキャンペーンを終了いたしました。

期間中には沢山のお客様にご来店いただき誠に

ありがとうございました。

(ハンドマッサージキャンペーンは9月末まで★)

この期間中には帰省の際に当店へも足を運んでくださる

方がみえて、喜びを噛み締めておりました。

 

普段は家事や子育てに追われ、実家に頼ることも叶わず、

たまの帰省の時にはマッサージを受けたい、と当店へ。

そんな方が何人かいらっしゃいます。

 

貴重な時間をいただいたからには、できるだけ楽になって

いただかなければ、と思わずにはいられません。

中には、今は地元暮らしで、以前暮らした名古屋へ遊びに

いらした方が当店にもご来店くださって。

それがなんだかやけに嬉しくって。

 

これからも本山で「みずたま」の看板を掲げ続けていきたい、

と改めて思えたのでした。。。

 

022_2


オーニソガラム。

小花の集合体に惹かれがちです。

|
|

前世療法

おや?怪しい話?と思われたのではないでしょうか

友人のそのまた友人で”前世療法”なるものをやっている

人がいると聞き、面白そう♪と単純に飛びついて行って

まいりました。

 

結果2つの前世が見えてきたとのことで、情景やその時の

感情などを聞かせてもらったのですが、へぇ~それ意外、

と思うことより、あっ!わかる気がする!と思うことが多くて

驚きました。

とりあえずとんでもなくひどい前世ではなくホッ。

歴史に名を残すような立派な前世でもなく、面白みには欠け

ますが、ご興味のある方はぜひ聞いてやってくださいね♪

ちなみに、友人は中国?の女王だったとのこと。スゴッ。

 

友人やお客様からこういった占いのようなものの話があれば

興味本位で時折受けるのですが、やっぱり面白いですね。

 

療法士さんはびっくりするほど物腰やわらかな方なので、

とってもリラックスして受けられたことがよくて、学ぶべきものを

感じました。

ワチャワチャしてしまう自分をなんとかしたいものです。

前世を知り、学びもありないい休日でした。。。

 

062_2

夏のキャンペーンは残り4日。

|
|

青山高原

日が短くなってきな、そういえば蝉の鳴き声を聞かなくなったな、

と夏の終わりを感じ、なんだかおセンチな今日この頃。

 

この夏の旅行話やレジャーの話。美味しいかき氷の話。

お客様からウキウキするような話を伺うのが日々の楽しみです。

私もいつか行きたい!見たい!食べたい!と明日への活力に

なるんですよね。

メモがどんどん増えて、あぁ、時間やらもろもろが足りない!と

焦ってしまう。。。

 

そんな中、お客様がドイツで見てきた風力発電の風車の話から、

「風車を間近で見てみたい!」と思い立ち青山高原へ。

遠巻きにしか見たことなかったけど、近くで見たらどんなだろ?

音がするって聞いたけどどんな音?と急激に興味が。

 

「青山高原」という看板を頼りにぐんぐん進むと突如として

白く巨大な風車が視界に現れました。

音は風車の動く低めな音と、キーンという高音の両方が終始

鳴っていて、時折ガガガガッときしむ音が。

人には聞こえない低周波音を発しているという話もあって、

健康被害があるとかないとか。

 

賛否があるようですが、風車が山にそびえる景色はなんだか

かっこいいな、と思ってしまいます。

数えてみると60基以上はあって、それはそれは圧巻です。

ススキの季節も美しいようなのでまた訪れたいと思います。

 

016_3

048

053

058

028

歩いて行くのも良さそう!

榊原温泉はヌルッとしていてお肌にイイ感じ♪

 

|
|

名古屋場所 2017

とある休日。

当日券を求め朝7時45分に会場である名古屋市体育館へ。

整理券は146番。平日ということもあり余裕のゲットでした。

今年は奮発して枡席で観戦を!なんて気でいたのですが、

今年は即日完売で、当日の椅子自由席でしか観戦も叶わぬ

状況となり早起きをしたわけです。

そのおかげもあって8時25分から始まる序の口の取り組みを

堪能することができました。

 

昼過ぎからしか観たことがなかったのですが、これがことのほか

楽しくって♪

まだ髷の結えない若い力士ばかりで、中にはガリガリの子も

いたりするのですが、案外勝っちゃったりして。

呼び出しや行司の方々も若くて全てが初々しぃ~。

 

岡崎出身の若手力士が何人もいて、なんだか嬉しくなって

しまいました。

大関まで登り詰めた琴光喜を越え、横綱となる岡崎っ子

も出てくるかもしれません。

 

途中で一度帰宅し浴衣へ着替えくり出したのですが、懸念

していた暑さよりも腰への負担があり、なかなかのしんどさ。

着付けが不慣れでヘタなせいなのか、浴衣を着ることで普

より姿勢がピシッとするからなのか……。

 

名古屋場所で有名な白鷺の姉御 と呼ばれている素敵なご婦人

はいつもお着物をお召しになっていて、それはそれは美しい姿勢

なのです。

一緒に写真を撮っていただいたのですが、やはり着慣れていない

私とは雲泥の差。凛としたお姿にうっとり。。。

それに加え、ザ・気さくなお人柄で本当本当に素敵な方でした。

 

姉御に限らず、相撲会場ではいつも気さくな中高年の方々に

声をかけていただき、それが楽しくてしかたありません。

 

私もそのうちには着物を颯爽と着こなし、若人にさらりと声を

かけられるようになりたいと思うのでした。

 

ここ数年のにわか相撲ファンですが、取り組み以外にもなにかと

面白ポイントが満載で年々ハマる名古屋場所。

来年も楽しみです♪

 

002


007


017

セルフマッサージ&ストレッチ&入浴で翌日には腰も楽に。

|
|

初パンダ

「やっと会えたね。」

辻仁成氏が放ったと言われる有名なセリフがしっくり

くるような瞬間でした。

 

この歳までパンダにお目にかかることなく、引っぱった甲斐が

あったなぁ、と感動もひとしお。

先日、念願の和歌山アドベンチャーワールドへ、子パンダとの

対面を果たしに行ってまいりました。

 

映像ではさんざん見ていたはずですが、生の子パンダと

きたら、おそろしいまでに可愛くって!もうメロメロ。

 

絶え間なくお母さんにコロコロとじゃれつく様子は、誰しも

表情をゆるめずにはいられないことでしょう。

 

パンダって頭が大きく丸っこいですが、アレは脂肪ではなく

めちゃくちゃ発達した筋肉なのだそうです。

堅い竹をバリボリ食べられるのですから頷けますね。

 

お母さんの良浜(ラオヒン)はエサの投入により子パンダ結浜

(ユイヒン)の存在をすっかり忘れてしまったかのように夢中で

喰らいついていて、そんな様子もなんだか可愛い。

 

6月5日に3頭が中国へ行ってしまったそうですが、子パンダ

の結浜の姉妹と両親合わせ、5頭のパンダがいました。

サファリパークもあり、イルカショーもなかなかですし、

やたらとペンギンもいて、なんだかすごい施設。

やはり動物園って平和であたたかな雰囲気がいいですよね。

名古屋から車で4時間ほどで日帰りでも十分楽しめました♪

014

030

025

 

034_4

 

037_2


075_2

 

近くには温泉もたくさんあり、波しぶきが届きそうなロケーション

のすばらしい温泉を堪能。

ナトリウム塩化泉で少しピリッとする感覚。

石鹸類の使用は不可でシンプルに入浴を楽しむ場です。

番人であるご婦人は、マナーのなっていない外国人に対し

臆することなくぴしゃり!

他のお客に対して「ごめんね~」とフォローも忘れません。

”崎の湯” もろもろ含めてオススメです。

087_2
 

上野で誕生した赤ちゃんパンダ、すくすく育ってほしいですね。

|
|

より以前の記事一覧