« 工作 黒金星と呼ばれた男 | トップページ | 明日は11時~の営業です。 »

2019年8月16日 (金)

浴衣をひんやり快適に~

皆さま、お盆休みはいかがお過ごしでしょうか?

台風が過ぎ去り、また厳しい暑さの日々がやってきましたね

 

お盆も平常通りの営業をしている当店ですが、定休日の13日は

名古屋城夏祭りの盆踊りへくりだしました。

 

Dsc_0771

 

昨今盆踊りがブーム?になっているようですよね。 

実はわりと好きでして。

と言いつつも前回の盆踊りは10年ほども前のことで、その時は

本山と覚王山の間にある城山八幡宮で芽の輪くぐりへ出かけた際に。

その前は郡上の徹夜踊り。その前は覚王山の日泰寺にて。

その前は子供の頃に・・・・・・。

と、そこまで盆踊っていないのですが、機会さえあれば参加したいと

思っておりました。

 

その願いが通じたのか、知り合って間もない友人が名古屋城の盆踊りへ

行くと聞き、一緒に参加させてもらったのです。

 

 

会場へ着くと盆踊りの調べがどこかノスタルジーでイイ感じ。

多くの人々がすでに踊りに興じていて、早速輪の中へ。

知る振り付けは1つもありませんが、とにかく真似て気づけばそれなりに覚え、

すっかり仲間入り。

そうこうしていたらすぐまた違う曲になり……。の繰り返し。

この手軽さが盆踊りの良さですね。

 

お手本にするのは、50代以上の諸先輩方の堂に入った舞。

科をつくったようなあのしなやかな動きを真似たいけれど、容易ではありません。

 

その憧れの動きはやはり、○○音頭や郡上で踊った春駒のような古典的な

曲のものなのですが、ダンシングヒーローなど定番の歌謡曲ナンバーも

楽しいものですね♪

ラップ?みたいな曲もあったりして、進化を垣間見ました。

 

本来は死者の供養をするという意味合いの盆踊りですが、皆で集まり

踊りを楽しむ様子が平和で素敵なことだなぁ、としみじみ。

 

 

日が落ちていてもやはり踊っていれば汗だくに。

がしかし、和装に通じている友人が踊る前、素敵なことを施してくれて

ずいぶんと快適でした。

 

それは・・・保冷剤を帯に入れ込む!という技。

ケーキなどに付いてくる小さな保冷剤をクッキングペーパーでくるみ、

脇に近い辺りの帯へ入れ込むのです。

脇の下には腋窩動脈があるので効果的に体温を下げるというワケ。

アップした髪の頭の中へ入れ込むという、上級者もいるのだとか。

 

帯へ入れる場合なら交換も可能。

小さな保冷バッグへ交換用のものを用意しておけば長く持ちますしね。

 

浴衣=暑い、という理由でハードルが高かったのですが、これで一気に!

 

名古屋城の盆踊りは18日まで開催中ですし、花火大会などへ浴衣で

お出掛けの方にはかなりオススメですよ!

 

小型扇風機もなかなか使えますが、こっそりしれっと涼やかに、というのも

アリではないでしょうか。

合わせ技ももちろん◎

 

できうる限りの技と便利なアイテムを活用し、熱中症を防ぎましょう!

 

Dsc_0788

 櫓は低め。

 

 

 

 

|

« 工作 黒金星と呼ばれた男 | トップページ | 明日は11時~の営業です。 »

身体のこと」カテゴリの記事