« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

2019年7月

2019年7月28日 (日)

8月の営業

台風も過ぎ去り、8月を目前にいよいよ梅雨明け宣言でしょうか。

ということで8月の営業をご案内致します。

むろん今年も例年通りの営業です。

毎週火曜+第1/3水曜の定休日以外はみっちりお店におりますので

どうぞ遠慮なく積極的にお電話くださいませ~♪

 

Img_20190727_221720

台風の昨晩、玄関外をほうきで掃除しようとしたところ、なにやら

黒く光る物体を認め、一瞬”G”なのでは!!とひるみましたが、

よくみるとそれは、カブトムシ。

なぜ?どうしてここに?と?だらけになりましたが、なんだか悪い気は

しないというか、むしろ嬉しくて思わずパシャリ。

”G”とカブトムシでは待遇がえらい違うよね……なんてしみじみ。

 

一瞬自宅へ連れ帰ろうかとも思いましたが、とりあえずそのままそっと

戻しました。

 

そして翌朝……居ました。

子どもさんのいらっしゃるお客様にこの状況を話したところ、子どもさん

よりもご主人が興味を持ちそう!とのことで連れ帰ってくださいました。

エサにありつけず、弱っていたのかもしれないので、きっと今頃は

元気を取り戻していることでしょう。。。

 

 

 

 

 

|

2019年7月24日 (水)

新聞記者

恐ろしい映画を観てしまいました。

最近話題になっているようで、ご覧になった方もいらしゃるかと存じます。

 

私はお客様から薦められるまで全くのノーマークでした。

大々的にプロモーションできないような訳アリな内容のためであることが、

鑑賞してよ~く理解できました。 

 

フィクションとしつつも、こんな事件あったよね、でもその後うやむやに

立ち消えてしまってるよね、とあまりにリアルな内容。

 

先日行われたばかりの参院選の結果や、日頃から不思議に思っていた

ネットニュースに対するコメントなど、「あぁ、やっぱりそうか!」と合点の

いくことが残念ながら描かれていて、なんだか身体に熱感が。

 

騙されたと思って観てみてください。

賛否ある思います。

ですが考えるきっかけを与えてくれる作品です。

 

のほほんと生きてきた自身が、こうやってブログに綴り映画を薦めることが

無関心から脱却する第一歩なのかも。。。

 

876c4669c5cdfa56

公式サイトはこちら→ 新聞記者

 

 

|

2019年7月22日 (月)

令和元年 名古屋場所

令和初の名古屋場所は、両横綱が千秋楽で気合いの入った

取組みを繰り広げ見事、鶴竜関が優勝を決めました。

いつの日か溜り席からあんな迫力満点の観戦がしたい。。。

 

名古屋場所には、白鷺の姉御(老舗鳥屋の女将さん)を筆頭に、

貫禄のある方々が毎日定位置にいらっしゃいます。

 

どこかの高級クラブのママ?と思しき、お召し物も御髪もそれはそれは

美しく、ただならぬ存在感を放つ面々があちらこちらに。

 

あぁ~コレコレ♪ 相撲観戦はもちろんのこと、相撲観戦に来ている

お馴染みの方々を拝むことも愉しみの1つになっています。

 

やっぱり和装っていいですよね~。

あまりエアコンの効いていない名古屋場所の会場で、着物をお召しになり

それでいて、暑さなんか全く感じていないかのような、涼やかな表情で

凛とたたずむ姿は日本の誇りではないかと。

 

きっと外国人観光客の皆さんをも魅了していることでしょう。

なんだか誇らしいです。

 

実は一度だけ浴衣を着て行ったことがあるのですが、暑いし、慣れてないしで

疲労感がハンパ無く、それっきりに。

夜ならまだしも、日中はきつかった(汗)

着物なんて以ての外です。

 

もう1つの愉しみが若手の取り組み♪

午前の取り組みから観戦に行くのですが、まだ髷が結えない子やガリガリの子、

中学生?と思わせる風貌の行司さんや呼出さんがわりといて、初々しい。

 

仕事柄、筋肉というか身体に興味も強いので、さまざまな段階の身体を観察

できるのもありがたい。

 

幕内力士と比べ迫力こそないものの、その中でこの子は!と光るものを感じたり、

地元岡崎出身の子はやはり応援したいし、特徴のある声を出す行司さんもいて

なかなか面白いんです。

ちなみに、岡崎出身の 中石 には将来性を感じます。(ひいき目)

 

そうそう、昨今は四股名も面白いものが多く、

爆羅騎(バラキ) ・大当利(オオアタリ)・冨蘭志壽(フランシス)・獅子丸(シシマル)

波満(ロマン)・羅王(ラオウ)・覇王(ハオウ)・碧天(アオゾラ)・舞蹴(マイケル)

 

こういった個性的な四股名への声援は確実に多く、「ただ言いたいだけなんじゃ?」

とも思われますが、何にせよ盛り上がるのはいいことかなと。

 

愉しみ方無限大の大相撲。

相撲観戦未経験の方、騙されたと思って一度いかがでしょうか?

 

Img_20190722_195534

Img_20190722_195914

双眼鏡片手に、何とか取れた椅子席Aからの観戦です。。。

 

 

 

 

|

2019年7月19日 (金)

木曽駒ケ岳へ

今年に入りやっとこさ、2回目の登山へ行ってまいりました。

幾度もお天気に阻まれ、今回もギリギリまで延期しようかどうか

悩みに悩みまくりましたが、友人との協議の結果、

「たとえ雨が降ったとしても、とりあえず行こう!」ということに。

 

最悪ロープウェイさえ運行していれば、千畳敷カールの散策をしたり

温泉でのんびりしたり、という頭もありましたしね。

 

バスでの道中、基本的にはドンヨリ曇り空で雨もポツポツ。

バスを乗り継ぎロープウェイを降りた千畳敷カールは見事に雨。

雨具上下を着て、ザックカバーも装着。

周りを見ると登山慣れした中高年の先輩方がひるむことなく登山道へ

向かっていく姿がありました。

 

小雨が降ってはいるものの、案外明るいのが救いで、時折止むこともあって

なんとか中岳までたどり着きました。

 

周りには誰もおらず少々淋しい気持ちになりつつ、はらぺこのお腹を

満たすべく、お湯を沸かし始めました。

 

この日の山ご飯はカップヌードルカレー味。

そこへハーブ&レモンのソーセージを投入。

さすがに標高2925mはけっこう寒く、粘度のあるカレースープが身体を

内部から温めてくれて、下界では捨てるスープもガッツリ飲み干しました。

おやつのバナナケーキもぺろり♪

やはり山ご飯は3倍増しくらい美味しく感じます★★★

 

この時点で雨と風が少し強まり、辺りはガスガス。

先を行く人の姿もほぼなく、私たちも今回はここで引き返すことにしました。

YAMAPという山専門の地図アプリでGPS情報を見るかぎり、もう少しで

駒ケ岳山頂でしたが、無理は禁物。

私も友人もそこまで山慣れしていないので大事をとりました。

 

ここまで読むと山ご飯しか楽しめていないようですが、下山の途中で

急にぱぁっと明るくなり青空が望め、下界の町並みがキラキラと

輝いて見える瞬間があったのです。

 

なんだかもうそれだけでありがたくって、ご褒美をもらったような感覚。

今までは雨の予報なのに山へ行くなんて、意味がわからないと思って

いましたが、こういうことか、と少しわかったような気がしました。

 

山で出逢う人々は一様ににやさしい。

すれ違いざま、挨拶とともに「頑張って!もう少しだよ」、「気をつけてね!」

などの声を掛け合う。

この場に来ているという共通点が山を愛する仲間のような感覚になるの

ではないかな。

雨だからこその声掛けもありました。

 

名古屋からのバスで唯一の仲間であったソロ登山のご婦人(60代?)とは、

ずいぶん話が弾み、山の楽しみ方はそれぞれなんだぁと考えさせられました。

 

その方は週1回以上は登山したいとかで、それはそれは楽しそうなご様子♪

ご婦人曰く、

お花などに興味はなく、平坦な道ではつまらない、ある程度のスリルが欲しい。

 

私の場合はお花など山ならではの植物に興味あり、願わくば岩場は少々で

主に平坦な道、スリルは不要、とご婦人とは正反対。

そして絶景を眺めながらの山ご飯と下山後の温泉が必須。

 

もしかしたら今後登山を重ねるうちに変わっていくのかもしれませんけどね。

 

木曽駒ケ岳は名古屋から日帰りで行けて、ロープウェイで一気に標高2600m!

晴れの日には絶景が望める素敵なお山。

バス乗り場から徒歩で行ける温泉もあったり、なにかと条件の揃っているところも

素晴らしいんですよ、コレが。

 

そんなこんなでやっぱり山はイイ!というお話でした。。。

 

Img_20190719_182830

名古屋駅からの高速バス往復+路線バス往復+ロープウェイ往復が

セットで9500円とお得。温泉の割引券なども付いています。

この”駒ヶ根まるごとバリューきっぷ”は電話予約ができて前日の19時

までキャンセルできるのもありがたい。

Img_20190719_182739

ロープウェイで一気に!

Img_20190719_182503

Img_20190719_183310

Img_20190719_183219

お花があちらこちらに。

Img_20190719_183059

残雪もところどころ。

Img_20190719_183023

Img_20190719_183544

”タカネザクラ”(高嶺桜)という日本で一番遅い時期に咲く桜。

最も標高の高いところに生えるのだとか。

 

翌日は予想以上に大腿四頭筋(太もも前面)の筋肉痛が出て、

”しめしめ、筋肉が育っているな”とほくそ笑むことに。

 

老後に備え、今から足腰を鍛えていきたいと思います。

楽しみながら♪

 

 

 

 

|

2019年7月 8日 (月)

COLD WAR あの歌、2つの心

七夕も過ぎ去り、すっかり今年も後半戦。

年を重ねるごとに一日一日が早く感じるのは、”ときめき”が少なくなってくるから、

と聞きました。

子どもの頃はビックイベントであるお正月が遥か遠くに感じ、とてつもなく

一年を長く感じたものです。

無知で経験値の浅い時分は全てが新鮮で、ときめき放題だったのでしょうね。

 

なにも大きな"ときめき"ではなくとも、ちょっとした"ときめき"であれば私の場合

映画だったりします。

 

ここ最近観た中では、

COLD WAR  あの歌、2つの心

お客様からのお薦めで期待に胸を膨らませ、見事裏切られることなく

大満足の作品でした!

それは冷戦下のポーランドで出逢ったピアニストと歌手のせつない物語。

モノクロの世界で繰り広げられる音楽・民族舞踊・恋愛模様に、ときめきっぱなし

でした。

 

こういった素晴らしい作品に出逢えたことで幸せを感じます。

ほんの90分ほどで心を彩ってくれる映画という存在はホントありがたい。

移転しリニューアルした伏見ミリオン座で上映中ですよ。

 

Aog

とにかく美しい。。。

N5c

 

映画館は冷えますので、長袖の上着を一枚。

足首が出ないような靴下、又はレッグウォーマーも必須です。

それでは快適な映画鑑賞を~

 

 

 

 

|

2019年7月 1日 (月)

耳をモミモミ

じめじめじめじめ。

皆さま、いかがお過ごしでしょうか?

わたくしは左耳から時折、ツツツツツツ・・・・・という異音がして

ちょっぴり気になる今日この頃。

もしかしてこれは……。

 

ここ数年でよく耳にするようになった ”気象病”

梅雨入りしてから、身体の重だるさや関節の痛みにお悩みの

お客様が多いようにみうけられます。

 

血行を良くすることは症状の緩和や予防になりますので、

身体ほぐしやフットマッサージはもちろんオススメです。

 

しかしご自身で手軽にできることがあります。

それは、耳のマッサージ!

マッサージといっても難しく考えず、全体的に揉んだり、引っぱったり、

耳を前に倒したりするだけで血行がよくなり、内耳(耳の奥)の状態が

整います。

ただそれだけ。

 

耳がホカホカしてくるのがすぐわかりますよ。

まだまだ不安定な日々が続きます。

どうぞ耳をモミモミしつつ、できる限りの休息を。。。

Img_20190628_151429

 

 

|

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »