« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »

2019年3月

2019年3月25日 (月)

草原の実験

Poster2

Amazonのprime会員になっていまして、観たかった映画が有料だったので、

とりあえず他にないかしら~と探していると、気になるジャケットが!!

なにかピンとくるような、この手の雰囲気はきっと好みのものに違いない!

そう思い早速観てみたら……

この少女の美しさと映像の美しさ、そして予想外のストーリー。

あえて何の情報も読まずに観たので、まっさらな状態で堪能できました。

 

この熱い想いをいち早く誰かに伝えたくて、ここへ書き記しました。

一見の価値ありです。

いや~映画って本当に素晴らしい!

 

 

|

4月の営業

今朝、本山生協の辺りを通ると、しだれ桜の蕾がぷっくりと膨らんでいて、
あと数日で濃いピンクの花が拝められそうな気配でした。
 
 
4月もすぐそこに近づいてまいりましたので、営業のご案内を致します。
 
とくにこれといって変則的なことはなく、通常通りの営業です。
 
一般的には27日(土)からGWに入ることと存じますが、当店はとくに
関係なく営業いたしますのでどうぞご利用くださいませ!
 
定休日の4/30(火)・5/1(水)はお休みさせていただきます。
 
 
Dsc_0017
 

|

2019年3月24日 (日)

キノシタホールは永遠に

今池が変わろうとしています。


映画館 キノシタホールが4月26日をもって閉館してしまうそうな。
なんて淋しい。。。
リニューアルしてからは年に2回ほどしか行けていませんでしたが、
その昔、20代前半の頃は上映作品のほとんどを観るほどに通い詰めていました。
スクリーンは1つで同じ作品を一日に何回かの上映だったので2、3週間に1度と
いったペースだったと思います。


なんとその頃は年会費5000円だけで観放題だったのです。
今思えばめちゃくちゃ有り難い!元取りまくりです。
「寝に来てもいいよ」なんて言われたりして。


商売っ気なしのゆるゆるな雰囲気と、味わいのある建物がとにかく好きで、
上映作品もなかなかにマニアック。
世界が広がったのを覚えています。


閉館が決まり、さぞや気落ちしていることと思い訪ねると、キノシタホールは
コンサートホールへ生まれ変わるそうで、とにかく忙しく、やる気に満ちた
様子に胸を撫で下ろしました。


キノシタホールの下にある貸しスタジオ”芸音”には、音楽をこよなく愛する
素敵な人々が集っているそうで、その方達との触れ合いがなによりも喜び
なのだとか。
”人が好きなんだよね”と語るその姿はキラキラしていました。
杞憂に終わりひと安心。


Dsc_0084


Dsc_0085 

ちなみに、こんな感じ。
私も利用したことがありますが、美しく快適なお部屋でした。
今池シネマテークの平野さんも時折、ピアノを弾きにみえていたとか。


ところで、この時に観た映画が予想外に面白くてビックリ!!
1966年のフランス作品なのですが、で、何が言いたいの?ということはなく
しっかりとしたメッセージのある反戦カルトコメディでした。
はっきり言ってオススメです★

323

まぼろしの市街戦 は4月5日(金)までの上映。
13:00 / 15:00 / 17:00 / 19:00


そして最後の上映作品は……

こちらはどうやら重そうなお話のようです。
重いのは嫌いじゃないので観に行こうかな。

331

4月6日(土)より4月26日(金)まで
13:00 / 15:00 / 17:00 / 19:00

Dsc_0077
懐かしい姿をおさめた写真を見せてくださいました。
そうそう、窓がモダンで素敵だったな~。
ガス燈を上映中のようですね。。。 


|

2019年3月17日 (日)

歯は命?

詰め物の下にはもしや虫歯が?

ぎゅっと噛んだ時にキーンとする痛みが走り、不安がよぎりました。

久しく歯石取りにも行けていないし、ついでに診てもらおう!

善は急げ、ということで早速予約を入れました。

 

 

受診時にはなぜか痛みは治まっていたのですが、詰め物を

取り除いてみないと原因は判らないとのことで、お願いすることに。

で、早速これから取りましょうと言われ……。

あっという間の出来事でした。

 

 

歯には自信がありまして、小学生の時以来、歯科治療をすることなく

生きてきました。

”良い歯の児童”とやらに選ばれこともあります。

 

話が逸れましたが、何を言いたいかというと、30年以上の年月を

共にした銀の詰め物を、ものの1分で削り落とされ、ちょっぴり

淋しかったとうこと。

 

 

これまで莫大な回数の咀嚼にも耐え抜き、ギラギラと私の口腔で

存在していたものが、あっという間にその姿を消したのです。

 

 

もちろん、その技術のお陰で痛みもなく、迅速に事が運び

有り難いことこの上ないのですけどね。。。

 

 

虫歯に反応し変色するという薬をつけてもらい、結局違って、

でももう少し様子をみるというので、10日ほど空けて再受診。

 

みはなく虫歯などの問題は無さそうで、削った部分には

歯と同色の存在感ゼロな詰め物をしていただきました。

1分ほどで固まり成形も施し、全体のクリーニングも完了!

 

 

歯科治療って、もっと時間の掛かるものだと思っていたけれど

びっくりするほどあっさり終わってしまいました。

私の知らぬ間にめちゃくちゃ進化してる!!

 

 

そんなこんなで銀の詰め物とはお別れしましたが、もう一箇所

キラリと輝く金属がありますので、トラブルのない限りは

共に歩んでまいりたいと思います。

 

 

人生100年時代と聞きます。 

少しでも快適な老後のため、年に一度の歯科検診を

習慣にしていきたいものです。

そうそう、歯周病は心疾患や脳疾患の発症リスクを

高めるそうな。。。

 

 

Img_20190311_203217

|

« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »