« 映画備忘録 2018 | トップページ | 東山一万歩コース »

2019年1月30日 (水)

シネマテークの平野さん

友人からのメールに驚いた。

昨日のあの違和感、そういうことだったのか……。

 

毎月、当店の広告掲載をお願いしているほど馴染みのある、

今池の名古屋シネマテークさん。

ここの支配人である平野勇治さんが今月の27日にお亡くなりに

なったそうです。

 

平野さんとは2、3度軽く会話をしたことがある程度だったけれど

行けば必ずその姿があり、いかにも映画の世界の方、といった

佇まいであったことが思い出されます。

 

先日の記事で昨年観た映画の備忘録を書いたのですが、

やはり一番多かったのがシネマテークさんでの鑑賞でした。

 

初めて訪れたのはかれこれ20年以上前のこと。

なかなかにマニアックな作品が多く、奥深い映画の世界へ

私をいざなってくれた場所であることは間違いなく、

支配人である平野さんが先代から引継ぎ、その世界を作り上げて

くれたからにほかなりません。

 

昨日訪れた際、当然平野さんの姿はなく、行けば挨拶を交わす

スタッフさんの様子もいつもと違っていて……。

 

これからはあのダンディな平野さんの姿は見えないけれど、

シネマテークという唯一無二の映画館は変わらずに居続けて

ほしい。

 

これからもせっせと通いますね。

ご冥福を心よりお祈りいたします。

 

004

シネマテークさんのお陰でたくさんの素敵なお客様に

出逢えました。

 

|

« 映画備忘録 2018 | トップページ | 東山一万歩コース »

映画・テレビ」カテゴリの記事