« ZOZOSUIT 届きました | トップページ | 8月の営業 »

2018年7月23日 (月)

平成三十年 大相撲名古屋場所

007

夏の風物詩、大相撲名古屋場所。

今年はとりわけ厳しい暑さでの相撲観戦で、汗だくになりつつもやはり

愉しいものでした。

 

まさかの三横綱休場。

そして期待されていた栃ノ心までもが途中休場となり、がっくりしていたの

ですが、なんだかんだで満足。

 

もちろん、横綱の迫力ある取り組みが見られなかったのは残念でしたけどね。

土俵入りもありませんし……。

 

昨年は稀勢の里フィーバーでチケットが取れず、当日券のため朝7時から

並んだのですが、今年は角界のゴタゴタがあってか、ギリギリ枡席をゲット。

これまでは椅子席で甘んじておりましたが、やっとこさこの日が。

 

それにしても溜り席はやはり普通に購入するのは難しいようですね。

相撲中継を観ているとお馴染の顔ぶれが多く、昨日今日相撲ファンに

なったような者にはけして手の届かない、プレミアムなお席です。

 

よく取引先の招待で、とか知り合いからチケットを頂いて、などと耳に

しますが、そんな素敵な話は私には回ってきません(泣)

 

それにしても、椅子席の何倍ものお金をかけただけあって、桝席では

係りの方が席まで案内をしてくれるんですね。ちょっと感動。

桝席とはいってもそこまで前のほうではなかったのですが、座布団が

用意され快適そのもの。

ただ、椅子席では必ずお隣のおばあさんやおじいさんが相撲について

語ってくれる特典がありましたが、枡席ではお隣との距離感があり

それは皆無。

ん~どっちをとるか悩ましいところです。。。

 

そうそう、早朝から並ぶ必要がなかったので、今年は朝稽古にも

行ってまいりました。

今年は九重部屋へ。

ここへは茶屋が坂駅から市バス基幹2に乗り、徳川園新出来で下車。

そこから栄方面へ徒歩5分。(わらび餅で有名な芳光のお向いです)

002

そこには知った顔の力士が4人いたのでやや興奮。

イケメン力士の千代の国関やカワイイと評判の千代丸関と握手をして

もらいさらに興奮。なんと写真も。

間近で見る千代丸関のお腹やお顔の可愛さにやられました。

ぎゃん泣きする赤ちゃんを連れ去るプレイで楽しませてくれるところも

なかなかイイ。

 

006

毎度のことですが、一度朝稽古へ行くとその部屋の力士を応援したくなり、

観戦にも力が入ります。

そんなわけで、この数年で応援したい力士が増え、より愉しめています。

 

そしていつも注目しているお馴染のご婦人方も、相変わらず素敵なお着物を

お召しになり、美しく髪を結い上げ、涼しげなお顔でいらっしゃいました。

 

今年は貴乃花親方の審判姿にも注目でしたし、取り組み以外の愉しみが

満載。

 

千秋楽では応援している嘉風関が9月場所を期待させる取り組みで

終えることができ安堵しました。

 

最近知ったのですが、Abema TVというネットテレビで生中継をしていて、

解説者と親方、デーモン閣下などゲストとのトークがなかなか面白く

オススメです。

014


いつの間に愛知県体育館が……。

 

 

 

 

|

« ZOZOSUIT 届きました | トップページ | 8月の営業 »

日々のこと」カテゴリの記事