« 高知旅 | トップページ | 11周年手ぬぐい »

2018年5月17日 (木)

港町

今池にグッとくる喫茶店がありまして、そこでモーニングして

シネマテークへ行く、というおだやかな休日。

明日18日まで上映中の映画 港町 を観てまいりました。

 

瀬戸内の港で暮らす人々の日常を切り取った「観察映画」。

モノクロの映像にたくさんの鮮やかさがありました。

 

出てくるほとんどがおじいちゃんとおばあちゃん。そして猫。

魚をさばきパック詰めする手は驚くほど手早く動き、腰の曲がった

おばあちゃんの脚はサクサクと健脚。そしておしゃべり好き。

 

なにげないけど見入ってしまう映像でした。。。

 

今月劇場で観た映画は他に・・・

● タクシー運転手

● スリービルボード

● 地獄の黙示録 (ミッドランドシネマ午前10時の映画祭

 

タクシー運転手 は韓国光州事件の事実。

スリービルボード は娘を殺された母の執念。

地獄の黙示録 はベトナム戦争下の狂気。

 

といった感じに、たまたま刺激強めなものばかりを観ていたので

久々心に平穏が

 

いや~今月は今のところハズレがなく、どれもこれも凄かった!

 

さて、次の予定は アイ、トーニャ

あの事件には驚いたものです。

どのような真実があったのかこの目で確かめなくては。

そしてスケートシーンにも興味が。

 

3f44165a4875845c

|

« 高知旅 | トップページ | 11周年手ぬぐい »

映画・テレビ」カテゴリの記事