« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月の6件の記事

2013年10月23日 (水)

癒しの献血ルーム

先日、何ヶ月かぶりの献血へ行ってまいりました。

名駅のセントラルタワーズ20Fにある献血センターは

初めてだったのですが、景色の良さにわぁ~っ!と

思わず声が出てしまいました。

入るや否や親切丁寧に案内していただき、新しく

導入されたというなんとかっていうテスト?を済ませ

問診&血液検査、そして成分献血(血漿)の開始。

看護師さん達に手厚く見守られながら献血完了!

あ~やっぱり献血って癒される。

その後はコーヒーを飲みながらセブンティーンアイスを

いただき、タワーズからの景色をぼんやり眺めたり

オレンジページを開いたり・・・。

昔は貧血で断られたこともありましたが、今では

赤血球・ヘマトクリット・ヘモグロビンの値は貧血

とは程遠い状態になっています。

後日送られてきた血液検査の結果全て正常値

だったのでホッと一安心。

 

自分の血漿が誰かの役に立っていると思うと

嬉しいし、自分自身の健康チェックもできる、

そしてなんだか癒されるのでこれからもたまに

足を運びたいと思います。

献血したくてもできない方もいますもんね、

献血できるということはありがたいことです。

003

004_3

こんな杯をいただきました。こんな制度があるとは

知らなかったので驚きです!

006

10回記念は青色で、20・30・・・と色が変わるらしい。。。


|

2013年10月21日 (月)

24日(木)の営業について

お知らせいたします。

10月24日(木)は所用のため、17時30分までの営業と

させていただきます。

ご迷惑をおかけしますがよろしくお願い申し上げます。

気温の変化が激しくなっております、

風邪など引かれませんようお気をつけくださいませ。

 

004_4

これ「彦一こま」っていいます。made in 熊本!

005_3

ただの狸の置物ではなく、バラすと4つの独楽に

なる玩具なんですよ♪

|

2013年10月17日 (木)

トリエンナーレ 納屋橋

終わりも近あいちトリエンナーレ2013ですが

先日納屋橋会場へ行ってまいりました。

結果、ことのほか良くてビックリ!

なかでもアンジェリカ・メシティさんという

オーストラリア人の映像作品で、4人の

ミュージシャンの奏でる音楽に圧倒されました。

 

電車内でキーボードを肩に乗せ歌う男性の姿、

そのメロディと歌声が頭に残って離れません。

彼はどんな人生を歩んできたのだろうか、

そんな思いがぐるぐる。

あとの3人のホーミーや水の太鼓も、口笛も。。。

台風で風がビュービューいって頭はボッサボサに

なるわ、寒いわで大変だったけど行って良かったな

 

今日は感動するほどの親切をお二方(別々で)から

受けたりもして、良い一日でした。

なんだかついてないな~ということが立て続けに

あったのでこれでリセットできたように思います。

131016_15_4

これは名和晃平さんの Foam

こんなに大量の泡初めて見た!

|

2013年10月11日 (金)

秋バテに栗

栗拾いへ行ってきたという友人が栗の渋皮煮

を持ってきてくれました。

正解の出来かはわからないけど・・・と控えめな

ことを言っていましたが、大正解★★★

栗の渋皮煮だなんてハードル高そうで

作ろうと思ったことはもちろんありませんが

こんなに美味しいのができるなら私も

作ってみたい!

新たな目標がまたひとつ増えました。

 

普段の料理は簡単なものばかりですが

たまに手の込んだものを作ると、私だって

その気になればできるんだ、という大きな

気持ちになれます。

ちなみに、栗拾いへ行く年は栗きんとんを作ります。

一般的なサイズのものや、その4倍くらいのを作っ

たりして栗を堪能します。栗ご飯とかも。

 

さてタイトルの「秋バテに栗」ですが、

栗にはビタミンB1ビタミンCが豊富に含まれていたり

アスパラギン酸というアミノ酸も豊富で疲労回復効果が

あります。

さらに、渋皮に含まれるポリフェノールには血糖値の

上昇を抑える働きがあるということです。

さらにさらに、肌荒れや抜け毛が気になる方に必要な

亜鉛も豊富なんだとか。

加熱によるビタミンCの破壊もほとんどないので

気兼ねなく調理できます。

 

栗の栄養と偉大な美味しさに心を癒され、

秋バテを解消してくださいね。

そして、身体のほぐしとストレッチで疲労物質を

追い出しましょう♪

002_2

|

2013年10月 9日 (水)

長良川鵜飼

今年は日本の伝統的な芸能や文化に触れよう!

という強化年としておりまして、それならやはり

鵜飼 もね!ってことで行ってきました 長良川へ。

 

鵜飼というと大人な世界なイメージで、周りに

経験者もあまりおらず機会がありませんでしたが、

今や自分も十分過ぎるほどに大人になりましたしね。

 

私たちが予約したのは一番早い18時15分の船で

それまでは周辺でのんびり過ごしました。

まずは今年出来たばかりという鵜飼ミュージアムにて

鵜飼について事前勉強を。

お金かけてますねぇ~といった風情の立派な施設で

クイズ形式な展示があったり巨大な鵜もいたり。

思いのほか楽しめました♪

目の前には長良川が流れ、その向こうには

岐阜城そびえる金華山がありロケーションは抜群!

2Fには洒落た感じのカフェもありましたよ。

またこの近くへきたときにはここでランチしよっと。

014

006_2

005_2

015

創業150年の老舗旅館 十八楼 で立ち寄り入浴。

このまま泊まって幾度も浸かりたくなるようなお湯と

雰囲気でした。ココすごくオススメです。

鉄分とラドンを多く含むという茶褐色のお湯が

なんだか身体に効く感じ。

マッサージチェアも自由に使えて◎

 

それからすぐ近くの川原屋(ここもいい雰囲気)で

お茶して鵜匠さんによる説明を聞きに向かいました。

022

全国11箇所で鵜飼は行われているそうですが

ここ長良川鵜飼の鵜匠さんは宮内庁式部職

国家公務員なのだとか。しかも6人だけ。

ちなみに世襲制なので鵜匠になりたくても絶対に

無理なんだそうですよ。格式高いですね!


027


日も落ちいよいよ出航です。

仕出し屋さんに頼み損ねたため、急遽ゲットした

鮎のお寿司をほおばり鵜飼の始まりを待つのですが

これがなかなか長くて・・・。

もう一本後の船でもよかったかな、と思っていましたが

たまたま隣に乗り合わせたご婦人と話が盛り上がっ

ていると反対隣のご婦人も交わってきたりして。

あ~なんかこういう感じいいなぁ、としみじみ。

お二人とも旅が好きで色々まわっているそうで

楽しい話をたくさん聞けました。

 

そうこうしていたらいよいよ鵜匠さん登場!

033

042_2

けっこう近くで見れて、鵜が鮎を捕まえると

船の乗客が皆盛り上がってワ~っ!と声をあげます。

鵜匠さんの熟練の手さばきがカッコイイ!

長らく待ったかいがありましたね、ホント。

この後「総がらみ」というのがあって鵜飼は終了。

下船し話を楽しんだ方々にお別れを告げ帰路に

つきました。

いや~今日はさらに大人の階段を登りました。

今年の鵜飼は10月15日まで。駆け込みオススメですよ♪

044

幻想的な夜に酔いしれました。。。

|

2013年10月 5日 (土)

秋の夜長に

気づけば10月、ずいぶん日が短くなってきましたね。

なぜか秋になると読書欲が湧いてきて色々と読んでます。

照明を落とした部屋で読書していると、だんだん瞼に重み

感じすぅーっと眠りに。。。

 

昔から暗いところで本を読むと目が悪くなる、と言われて

いますが、アレって根拠のないことなんだそうですよ。

以前TVでそれを検証していましたし、実際明るいところ

での読書の方が私は疲れます。

そういえば、小学校の時の国旗掲揚も毎朝きつかった

なぁ~ なぜかくしゃみ出るし。

 

それはともかく、そのTVの結果ですが・・・

明るいところでも暗いところでも、ピントを合わせるために

毛様体が疲労するということです。

ただ、暗いところだと瞬きが減るので乾燥して疲れ、

明るいと瞬きが多くなり毛様体をよく動かすので疲れる。

と理由は違えど結局目の疲労は避けられないのです。

だからと言って読書はやめられないので、時折休憩を

入れ、目の周りを指圧したり温めたりしながら楽しみたい

ですね。

 

スマホで目がお疲れの方が増えてますし、それに伴い

頭や肩首も負担が大きくなります。

そんな方は肩首はもちろん、顔や頭もじっくりほぐします

のでぜひオーダーしてくださいね。

かなりすっきりして視野が明るくなりますよ♪

142

いろいろ。。。

 

|

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »